2019年10月7日

FX分散投資のメリットとデメリット

FXでの分散投資とは?

単一の通貨ペアではなく、複数の通貨ペアに同時に投資することです。

デイトレなどの単時間での投資では、自分にとって1番値動きがわかりやすい通貨ペアに絞って勝負することも、戦略として「あり」です。
(ただし、何年も同じ値動きをする保証はありません。)

では、長期投資でスワップポイント生活を送る場合はどうでしょうか?単一通貨ペアへの投資と分散投資で、リスクとリターンはどう違うのか調べました。

FXで分散投資した場合としない場合のリスクを比較

下の表は、3種類の分散投資と、単一通貨ペアへの投資に対するリスクを比較した例です。
リスクとは、年初のレートから、最大どのくらい下落したかを%で表したものです。

分散投資1
ローリスクローリターン
分散投資2
ミドルリスクミドルリターン
分散投資3
ハイリスクハイリターン
米ドル円50%
中国人民元円40%
豪ドル円10%
米ドル円40%
中国人民元円30%
NZドル円10%
南アフリカランド円10%
メキシコペソ円10%
米ドル円20%
中国人民元円20%
南アフリカランド円20%
メキシコペソ円20%
トルコリラ円20%
通貨ペアと年別の最大下落率一覧表
通貨ペア 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
分散投資1 -0.13% -4.09% -2.66% -15.28% -4.52%
分散投資2 -0.12% -4.88% -7.68% -16.29% -3.84%
分散投資3 -0.21% -3.75% -15.55% -17.21% -5.70%
米ドル円 -0.15% -3.75% -2.06% -17.05% -4.83%
中国人民元円 -0.12% -5.96% -3.02% -17.05% -4.83%
豪ドル円 -2.59% -4.71% -14.14% -12.23% -2.36%
NZドル円 -0.23% -4.33% -17.96% -10.41% -5.87%
南アフリカランド円 -6.08%
最大
-8.10%
最大
-17.94% -10.04% -5.97%
メキシコペソ円 -0.29% -6.45% -12.69% -23.75%
最大
-4.32%
トルコリラ円 -0.37% -7.66% -22.95%
最大
-19.36% -13.35%
最大

表から、どの年も単一通貨ペアの最大下落率が1番高く、分散投資ではリスクが緩和されていることがわかります。
つまり、「リスク」を少なくしたい場合、分散投資に軍配が上がります。

FXで分散投資した場合としない場合のリターンを比較

次に、リターンを比較しました。
リターン=(年末の為替レート-年初の為替レート+スワップポイントリターン)÷年初の為替レート×100
です。

通貨ペアと年別のリターン一覧表
通貨ペア 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
分散投資1 3位
+20.02%
-9.53% 2位
+2.46%
-5.07% -0.01%
分散投資2 +18.49% -5.20% -0.87% -3.93% +2.16%
分散投資3 +13.74% -2.39% -6.27% -7.20% +1.19%
米ドル円 +19.21% -11.80% 1位
+3.81%
-3.83% -2.57%
中国人民元円 1位
+23.46%
-8.87% 3位
+1.50%
-8.65% +2.24%
豪ドル円 +5.79% -5.01% -6.65% 3位
-1.03%
3位
+2.97%
NZドル円 +19.17% -4.12% -10.27% 2位
+0.61%
-2.83%
南アフリカランド円 +4.43% 3位
-1.40%
-11.94% 1位
+10.99%
2位
+3.14%
メキシコペソ円 2位
+20.51%
2位
-1.31%
-0.67% -16.31% 1位
+12.43%
トルコリラ円 +9.21% 1位
-0.36%
-14.79% -11.36% -5.35%

各年の最高リターンは、単一通貨ペアでした。
ただし、最高リターンを勝ち取る通貨ペアは毎年違います。

当然ですが、今年最高のリターンを得る通貨ペアはどれか充てる恋とは至難のワザです。
そのため、リターンについても、毎年そこそこのリタ―ンが見込める分散投資のほうが有利といえます。

FXで分散投資するメリットとデメリット

デメリット

  • 大きく稼ぐことは難しい
  • 複数の通貨ペアを購入するため、手間がかかる

メリット

  • 大負けしにくい
  • 長期で保有するほど、安定した利益が得られる可能性が高い

結論

FXでの分散投資は、短期間で稼ぎたい方には不向きですが、スワップポイントを生活費に充てたいなど、長期投資する場合には、有効な投資手段であることがわかります。
高いリターンが見込める高金利通貨と、値動きが安定している低金利通貨を組み合わせて、あなたにベストな投資スタイルでFXトレードしてください。

関連記事